一旦録音してみたが…

一旦録音してみたが…

満足のいくテイクまでの距離遠し

何度かギターと歌を同時に録ってみた。

が、必ずミスる。

これは多分練習の量の問題。

「完璧に出来るぜ!」と思ってもいざ録音を開始するとミスる。

最初は「録音するぞー!」って気持ちが緊張感を煽り、ミスを誘うと思ってた。

が、ネットで「緊張」について調べてみると、「最も集中する時間」らしい。

って事は、「最も集中してるのに失敗してる」って話になるわけで。

何度も何度も本番をイメージして練習を重ねてきたのにも関わらず、結果的に本番でミスるのは、恐らく練習が足りないのだと思う。

自分に聞いてみる。

「本気で納得する程練習したか?」

いんや。やってない。

本番を迎えるにあたって「ミスしたらどうしよう」って不安がある内はきっと緊張感はネガティブに働く。

「やべー。不安だー。ミスるかもー。」

が、圧倒的に練習を積み重ねると本番が「あらやだー。楽しみー。」って待ちに待ったぜおいおいポジティブに働く。

どっち?

俺?

いつも前者だ。

じゃあどうする?

はい。

黙って練習。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。