カタログギフト

カタログギフト

一度開くと時間が経つ

頂き物であり、本当にありがたいカタログギフト。

それを開くと多くのアイテムがお洒落に掲載されている。

その中から一つを選ぶのだからそれはそれは迷います。

家具、家電、ファッション、グルメ、旅行。

実に様々な種類のギフトを自分で選ぶ方式のこれ。

今日はそんなカタログギフトを開いて商品を選んでいた。

「どれにしよう」

いつも迷う。

何度見ても迷う。

迷いに迷っていつも「グルメ」になる。

大概、家には不自由の無いモノが揃っていて、必要なモノがあれば自分で買いに行ったりネットで頼んだりする。

カタログギフトの中からグルメ以外のモノを選べばその分、家のスペースを圧迫する。

結果はいつもグルメなのだ。

それなのに今日もしっかり全てのページをめくり、どれにしようか迷い。

グルメにする。

世の中にはそういったモノが溢れている。

必要のないモノに振り回されて、欲しくないのに与えられて、周囲は本当に必要かどうかもわからないモノで溢れている。

人間関係はどうだろう。

自分でちゃんと選べているか?

もし人間のカタログギフトがあったら自分は選ばれるか?

たまには自分を見つめ直す時間も必要なのかもしれない。

いつも選ばれる人が本当に必要な人なのかどうかはわからないが…。

カタログギフトは奥が深い。

報告する

コメント

  1. Yudai Yudai

    そこまで考えた事はないけど、選ばれる人でありたいと願ってます。

コメントするためには、 ログイン してください。