口に出してはいけない事なのか?

口に出してはいけない事なのか?

大雨特別警報

テレビをつけると、ニュース速報が入る。

画面の上部には「大雨特別警報」の文字。

つい先日、熊本で川が氾濫して、多くの犠牲が出た。

次の日には九州全体、その次の日には信州まで。

これは梅雨と関係しているのだろうか。

梅雨どころではない。あちこちで大雨が大きな被害をもたらしている。

こんな梅雨を経験した事がない。

でも私は今日、家でソファーに座り、ふんぞり返ってそのニュース速報を見た。

直前までバラエティ番組を見てゲラゲラ笑っていた。

ニュース速報を見て、「ん?またか」と思って、それでも番組の続きを見た。

そんな自分の態度を改めて考えてみる。

命の重さは変わらない。

と人は言う。

誰もが言う。

きっと言うだろう。

もし、「自分の家族が」「自分の最愛の人が」と考えればニュース速報を見てすぐに安否を確認する連絡を入れるはずだ。

とても心配になるはずなのだ。

でも私はニュース速報に出てきた犠牲者の人数を見て、またすぐにバラエティ番組を見続けた。

それが正しいのか、間違いなのかわからないが、私は命の重さを平等に見れていない。

きっと命への差別があるんだろう。

でも大切な人へ注ぐ愛情は誰にも負けないつもりでいる。

そう考えると、愛情を注ぐ相手を選んでいる時点で差別なのだろうか。

命の重み。

これは本当に平等になるのだろうか。

私は、私にとって大切な人の命の方が断然重いと感じてしまう。

それは口に出してはいけない事なのだろうか。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。