変わりたいと思ったとき

変わりたいと思ったとき

子どもを産む前、洋服や美容、おしゃれが大好きだった。

欲しい服があれば都内まで買いに出かけたり、メイク雑誌を隅から隅までよーく読み真似してみたり。

美容院も1〜2ヶ月に1回は行って、毎日のお風呂でも念入りにトリートメントやスクラブしてお風呂上がりに保湿して。

 
今は化粧水を切らして子どもの体に塗ってるボディクリームを顔に塗るだけにしたり。
子どもの入院に付き添ったときは手洗い場にあったシャボネットで頭から顔から全部洗ってたし。
なんならその後の保湿は冬だったから偶然カバンに入っていたハンドクリーム。
美容院は半年に一回くらい?後頭部がモフモフしてきたことに気が付いても3〜4ヶ月はサラッと過ぎている。
大好きだったヒールの靴も抱っこ卒業したら履こうとしまったまま‥もうそろそろカビてしまうから捨てた方がいい。捨てようと今決心。(きっと明日には忘れててまた数ヶ月後に気がつくかも。)

ついでに言ったら、一人目妊娠してからホルモンバランスの影響かずっと眠りが浅い。
今まで目覚ましの音に気付かず寝坊しちゃうから、携帯のアラームを5分おきに沢山かけていたのに、今では0歳児の呼吸の変化(完全に泣くと子どもたちが起きちゃうので、スースー→フガフガの時点)にすぐに気が付くようになった。

 

同じ人間なのに人はこんなに変わることができるんだとびっくりする。

ということはだよ。

これから、何にだってなれるのではないかね?

こんなに180度変わることがあるのなら、今思ってることもガラッと変わる可能性もあるのかも。

歳を重ねて段々頑固になるし融通がきかなくなってきてる感は否めないけど、いつまでたっても先入観なくフラットな目線でものごとを考えられたら。

もっともっと自分のしたいことに集中できたり、家族によいものを提供できたり、いい時間を共有できたりするんだろう。

 
さ、授乳も終わったしそろそろ寝ますか。
クレヨンしんちゃんのおならとかぶりぶりとかで大笑いしている子どもたちをみて、平和な今日に感謝!

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。