評論家ではないけど

評論家ではないけど

芸人という仕事

テレビを観ていると毎日、必ず、どこかで、芸人が出てくる。

芸人と言うと幅が広くなるので、「お笑い芸人」としよう。

誰かを笑わせる仕事。

目の前にある様々なモノを独特の目線で面白おかしくする仕事。

仕事なんよ。

スーパーわかりやすく笑いを提供する仕事。

もちろんふざけたりするから多くの人の目には「不真面目」に見えるのかもしれない。

でも、テレビに出ている芸人は至って真面目。

誰かを笑わせる為に真面目なんよ。

真面目にふざけてる。

笑わせられなけりゃ反省して、笑いに対してもう一度一生懸命考える。

私が漫才を見てて思うのは、「一体何回練習したんだろう」だ。

M-1を観ていても明らかにわかる圧倒的な練習量。

こんな見方をしてる人は少ないかもしれないけど、練習の回数や舞台の上でこなしてきた回数を思って漫才を見ると、もはや感動である。

笑える。

けど、その努力で泣ける。

とっても勉強になる。

コントなんて、もはや舞台。

そりゃテレビで必要とされるわ。

めっちゃプロ。

普通のプロよりよっぽどプロ。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。