またまた子どもたちのこと

またまた子どもたちのこと

昨日保育園の先生に相談してみたのです。

前回日記にも書いた「子どもたちの様子がおかしい」ことについて。

ていうか特に息子の行動には本当に頭を悩ませていて。

長女のおもちゃをわざと取って隠したり、見つかると投げて逃げちゃったり。

トラブルになると叩いたり噛んだり。(長女にだけで保育園ではもっぱら噛まれるタイプみたい)

叱られるとすぐバカ!って言うし大声で叫んで反抗するし。(普通か?)

とにかくいたずらいたずら、、長女との喧嘩の仲裁ももう面倒だしなんとかして〜〜って。

実はもう何度も保育園の連絡帳には書いていて、でも担任の先生からはほぼ的確なアドバイスなどの返答はなし。

「そんな時期ですよね!」とか書かれておしまいだった。

そんな中、昨日園長先生とばったり会って話せそうだったから話してみた。

そしたら、どうやら下の子が生まれると、真ん中の子は競争しようとしちゃうのだと教えてもらった。

確かに。

次女が寝るとすぐにわたしの膝に乗ってくる息子。

抱っこしてー?チューしてー?と言ってくる。

いつも長女との競争で必死なのかもしれない。

長女をライバル視してるのかもしれない。

小さいのにもう競争してるなんて、なんか・・愛おしい。

 
そして長女はもう色々わかっているから、我慢していることも沢山ありそう。

こんな子どもたちの情緒面の発達をすごく尊敬?するし、我が子ながら誇りに思う!

立派に育っていってくれてるなと。

 
そしたらあとは、母であるわたしが、子どもたちが笑顔でいられるような状態を提供するだけ。

それはわたしが笑っていること。

それだけ!

自分が沢山笑っていられるように、選択していけばいいだけ。

ね、簡単だよ。

 

いや簡単じゃないよ。

これが難しいんだ。怒ってばかりだから。
けどやってみよう。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。