言葉の使い方

言葉の使い方

悶々と考えてみる

最近再び音楽をやるようになって、つくづく思う。

言葉の使い方って幅が広い。

例えば「混ぜる」って言葉があるとして、どんなイメージが湧いてくるか…。

混ぜる。

まぜまぜしてる様子。

コーヒーにミルクを入れた後。

スイーツ作り。

ねるねるねーるね。

なんか、棒を使って幾つかの素材を合わせるイメージ。

かな?

人によっては違う感覚もあるか。

これまで経験した事や今持ってる価値観で言葉のイメージは変わる。

言葉の使い方一つで「混ぜる」のイメージを面白くも悲しくも出来るわけです。

混ぜるの前や後ろに違う言葉をくっ付ければ、何にだってなる。

なれる。

これはちょっと趣味の領域かもしれないけど、ちょっと難しい言葉をチョイスして、そのイメージを越える瞬間がすごく好き。

今は「混ぜる」と「スイーツ」について考えてる。

この言葉をどうにかこうにか生きる力が湧いてくるようなイメージにしたい。

何をやってるかって?

曲書いてるだけっす。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。