息子の可愛さをただただ書く日

息子の可愛さをただただ書く日

息子が可愛くてしょーがないんですよ。

いいですか?

今日だけ(でもない)はのろけてもいいですか?

車がだいだいだい好きな息子、トミカの図鑑を読んでと持ってきたので読んであげてたんです。

消防車とかの緊急車両のページで興奮し、工事現場のページでまた興奮し。

車の説明をしてくれるんです。

「この消防車、かっこいーね!」

クイズも出します。

「こっちの車とこっちの車、どっちがながい?」

適当に答えると、

「ちんぽーんちんぽーん!(←これもう慣れたけど改めて書くとウケる)せいかーい!」

「ぶっぶー。ちがーう」

サファリパークみたいなページになると、必ず、
「ここ!みーんなでいこうね!おとーさんとーおかーさんとー、〇〇(姉)とー、〇〇(妹)とー、みーんなで、いこ?」

って。伝わりますかね?

ああ可愛い。

しびれる。

 
ちなみにこの読んでる間ずっとほっぺつぶされたり、アゴたぷたぷされたり、眉毛の間持ち上げられたりしてるのに、特にツッコミもせずご機嫌に本を見続けるむすこです。

さすがにやりすぎてたまに手で払われるんだけど、おこんないの。

あー。
かわいかった。

もうほんと、大きくならないでよ。

そのままでいてよ。

 
とか言って5秒後には漏らしたりいたずらしたりしてブチギレられてる息子。笑

今日も平和だった。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。