「ほんやくコンニャク」が必要

「ほんやくコンニャク」が必要

言葉の話です。

わざわざこんな事を言って何なんだって思うかもしれませんが、

私は「風呂が嫌いなキレイ好き」です。

風呂は5分で終わらせたい。

温泉宿に泊まっても部屋のシャワーで済ませるタイプの人間です。

それを「もったいない」とか「矛盾している」と言われる事があるけど、癒されポイントは人によって違うでしょうよ。

風呂は体が洗えりゃそれでいい。

使ったコップは毎回洗うけど漂白は3ヶ月に一回。

そんな感じ。

わからんな!

文句があるわけじゃないです。

今日思ったのは、人にはそれぞれ価値観があって、それぞれがそれに従いながら生きてる。

もしその自分の価値観を今の社会が認めないようなものだった場合。

んーと…

社会的に毎日ガッツリ風呂に浸かるのが常識とされてたら、「風呂が嫌い」な時点で不潔扱いされるだろうなぁと。

説明ムズイ。

自分が到底受け入れられない価値観が目の前にあって、それが社会的かなんらかの形で強制的に認めなくちゃいけない状態だったら、めっちゃキツイなぁと。

普段の生活の中でも結構ある。

学校、仕事、友達や先輩後輩。

まぁまぁある。

地域や国にもあるか?

あるよ。

それでめちゃくちゃ悩んでる人もいる。

いるよ。

それがめんどくさい人間関係の種になる。

育てたくないやつだ。

だからと言って捨ててしまうのも怖いのだ。

「この世には同じ価値観を持っている人がいる事実」を知らないから。

いるよー!

必ずいるよー!

おんなじ価値観を持った人!

これだけインターネットで世界中の情報が集められるんだ!

探せるはず!
出会えるはず!

だから、言葉を覚えよう。

まずは、英語だな。

それだけでもこれまでとは比べ物にならない量の情報を仕入れられる。

日本にいて大満足してるなら良いけど、そうじゃないなら、おんなじ価値観を持っている人を探す為に「世界と繋がりやすい言葉」を理解した方が効率はいい。

日本語だけを使っているのは約1億人。

世界の人口はどのくらいだ?

ヤベーたくさんだ。

その人達の価値観に触れるには、言葉や文字の理解が必要。

そーゆー機械も既にあるけど、まだまだシームレスではない。

今めっちゃ欲しいのは、「ほんやくコンニャク」です。

この時代、欲しいのは、ほんやくコンニャク。

それがあれば、もっともっと世界は繋がるのになぁ!

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。