冷めない内に

冷めない内に

ワンマンライブしてきました。

どんなに時間が経っても応援してくれたり、「楽しみだ」と捉えてくれる方々に何か少しでも伝えたくて、余す事が一つも残らないように、今の自分の渾身の一球を投げ続けるような日でした。

もう肩(喉)がえらい事になってます。

中3日は必要。

回復までに時間掛かるわぃ。

ライブ中は応援してくれる方々がいて、隣にヒロちゃんがいて、ちょい後ろにオサムちゃんがいる。

パッと見は「あの頃」だし「懐かしい」のだろうけど、「感謝」しかなかったです。

ステージに立たせてくれて本当にありがとうございました。

暖かく見守ってくれて本当にありがとうございました。

偉そうに「何か伝えたい」と言い続けてましたが、結果的に「感謝」しかありませんでした。

こんな時期なので声を大にして「ライブします!」って言っていいのかわかりません。

むしろ、違うんだと思う。

きっと違う。

ただ、自分を中心にしないと世界が回らないタイプなので、出来る範囲でもう一度やりたかったんです。

求められてみたかったんです。

注目されてみたかったんです。

…。

皆さんのお陰でお腹が満たされました。

今はお腹がぽんぽこりんです。

一旦、ここで、区切って、また新たにスタートします。

たくさん考えて、たくさん悩んで、出来る事を一生懸命やっていきます。

落ち込んで、腹ペコになって、どーしてもダメで、自分を否定し出したら、

また、ステージに立たせてください。

認められる場所がそこにしかないのかもしれません。

他にたくさん探してるんだけど、まだ見つからないんです。

だから、その時はまた、全力で甘えさせてください。

改めてちゃんとライブをやってみて感じたのは、「こんな自分でも認めてくれる人がいる喜びと感謝」でした。

たくさんの幸せとネガティブになりそうな自分をぶち破れる時間を与えてくれて本当にありがとうございました。

「待ってたよ」「待ってるよ」「おかえり」で筋肉が喜びの声をあげました。

また、その時は、それを、ください。

あざした!

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。