最近の思考回路

最近の思考回路

良いとか悪いとかではない

30歳を過ぎても「自分の思考回路はスタンダードだ」と思ってた。

で、40が近づく今、自分が「スタンダードではない」と思う瞬間があった。

それは自分の親と話をしてる時。

若かりしプライドの塊だった頃は何を言われても超絶反発してた。

今考えると「俺を認めろや!」っていう甘えだったように思う。

「俺に共感しろやボケェ!」という感情を素直に「共感してほしいだけなのに」と言えなかった。

なんか、カッコつけてるしプライドもあったんだと思う。

ところがその反発がピタリとなくなった。

そもそもスタンダードとかそんな話ではなく、ちゃんと自分の考えを自分で認めてあげられるようになったから。

あれ?

遅い?

つい最近まで「自分の考えは絶対だ!絶対合ってる!な?そーだろ?」って誰かに認めて欲しかったけど、「の前に自分が認めてないじゃん」って思ったわけよ。

今更?

不安!

つまり、誰かに無理やり認めてもらったり共感を得ようと思わなくなった。

子供みたいな事を言ってるのかもしれん。

だけど、これが自分とって凄く大事だった。

「自分が良けりゃそれでいいの?」

って言われるかもしれないが、ハッキリ返そう。

「そうだけど?」

だがしかし!

その先にきっと「誰かの為に」とか「認めてもらったり」とか「共感」があるんだと思う。

そもそも自分で好きな曲作って人前で歌い続けてるミュージシャンがいるんだ。

今ノリに乗ってるアーティストもそうだろ。

自分が「これめっちゃ良いじゃん!」って思った曲しか書けんのだ。

自分が良けりゃそれでいい曲なんよ。

でもその曲が多くの人を支えてたりする。

不思議でんなぁ。

ほんと不思議。

自分勝手に見える行動や発言が、その先で誰かを支えてるかもしれんのだ。

芸人も、政治家も、どこぞの社長も、なんか、そんな不思議な現象を起こしてる気がしてならない。

自分が言いたい事をハッキリ言って、やりたい事をやって、それが今日、自分ではない誰かを支えてる。

成り立たないはずの方程式が成り立っちゃった系!

何この法則!

知らん!

全然わからん!

でも!

ロマン。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。