たった一つの失敗で

たった一つの失敗で

その時は人生オワコンかよと思った

例えば失恋した時、私は何もかもが終わったような気がします。

子供の頃からそうでした。

ジャンケンで負けた時。
先生に怒られた時。
受験に落ちた時。
就職に失敗した時。

たった一つの失敗や敗北感でひどく落ち込んでいました。

「終わった」と思っていました。

たった一つの「ダメだった」という事実だけで。

私はあれもこれもすぐに立ち直って前を向いたり出来ません。

今も当時の挫折がトラウマとして残っています。

ですが、それを過去のものとして今をなんとか生きているのは事実です。

立ち直ったかどうかは分かりませんが、わりと元気にやっています。

全てが良い思い出のわけがありませんが、いつも最初は「たった一つ」なんです。

「それだけ」なんです。

そこから芋づる式に落ち込んで「終わった」と感じるんです。

今、私の人生は進行中です。

ちっとも終わってませんでした。

てへ。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。