お前の代わりはいくらでもいる

お前の代わりはいくらでもいる

言われた事ありますか?

このセリフって、ネガティブなイメージです。

ところが、考え方によっては重圧からの解放になります。

仕事や人付き合いで必ず付いてくる「めんどくさいあれこれ」を想像してみてください。

もし、「自分にしか出来ない」や「私は特別な存在」という意識があれば、「やらなきゃ」という使命感が生まれます。

その使命感が背負うものを多くします。

たくさん背負って生きていける人はいいですが、私は無理です。

なんなら「めんどくさいあれこれ」は全て断りたいし、辞めたいと思っています。

そんなに背負えません。

背負わない方が楽だし自由です。

だから、「私の代わりなんていくらでもいる」は私にとって解放の言葉になります。

「お前の代わりなんていくらでもいる」と言われたら、「じゃあ後はお願いします!やったー!」となります。

ウォルトディズニーが亡くなってからディズニーランドが完成しました。

本人がいなくても成長を続けています。

あのウォルトディズニーの代わりがいるんです。

当然、私の代わりなんていくらでもいるでしょう。

その方が、生きてて、楽です。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。