息子には言葉がいらない時がある

息子には言葉がいらない時がある

あまりに挫折が多いから聞かれたのでしょうな

息子がサッカー試合で負けてしまい、すごく落ち込んでいます。どう声をかけたらいいですか?

との事。

うーん。

落ち込んだり反省したり、過去を振り返る時間は悪いものではありません。

ただ、過去に囚われ過ぎても先に進めません。

サッカーを見ている人が熱くなるのは「勝ち」「負け」があるからです。

「勝ち」「負け」があるから面白いんです。

それが「勝ち負けがあるスポーツ」の良いところです。

勝って嬉しそうにしていれば、誰でもサッカーを楽しんでいるように見えます。

負けて悔しそうにしている姿も「本気でサッカーを楽しんでいるからこそ」だと思います。

本気になれる何かを持っているなら、声をかけなくても大丈夫です。息子さんはちゃんとわかっているはずです。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。